格安ウェディングドレスガイド【ウェディングドレスモード】


格安ウェディングドレスの購入方法をレクチャーするサイトです

格安ウェディングドレスの選び方

格安のウェディングドレスを選ぶ時ってレンタルするか、購入するかで悩みますよね。
結構いい値段するのにレンタルしてみたら粗悪でぺらぺらだったり・・・・結婚式は絶対に失敗のできない行事です。
そこで「レンタルよりもお求めやすく販売するショップ」を厳選して掲載したいと思います。

基礎知識

ドレスの生地について

よく、ドレスの生地でサテン・オーガンジーなどの生地がベースに使用されて製作されますが、ひとえに「サテン」 といってもランクがあり、その違いは「色」や手触りに違いがあり色合いの深みが大きく違います。 簡単に言いますと、見た目に「高級感があるか、ないか」の違いです。

サイズの計り方

※下着を着けて正しい姿勢で採寸しましょう。
(注) ドレスに合わせる予定のヒールをお履きになり採寸して下さい。
○バスト…胸の最も高いところで測ります。
○アンダーバスト…バストの直下で水平に測ります。
○ウエスト…ウエストのくびれで測ります。
○ヒップ…骨盤の下あたりの最も高いところを測ります。

ウエディングドレス型別でのポイント

ドレスのシルエットは、主に下記のAライン・スレンダー・プリンセス&ベルライン・コンテンポラリーの4つから形成しています。シルエットを参考に自分に似合うドレスを見つけましょう。

Aライン

アルファベットのAのように裾に向かってスカートが広がるシルエット。ボリュームを抑え気味にしたスカートは狭い会場でも動きやすくレストランウエディングなどにお勧めです。縦のラインがすっきりして背が高く見え、半袖やノースリーブで身頃を身体にフィットさせ上半身を小さくまとめたデザインが最近の主流です。

スレンダー

ドレスの中にペチコートをはかないので着やすさ、歩きやすさが人気でもちろん背を高くすらりと見せてくれます。体型をカバーするシルクやレースなど柔らかい生地を使ったものが人気。背が高くて細い人にしか似合わないと思われがちだけど、胸やヒップに肉付きのいい方も、ふくよかで女らしいシルエットが出ます。大人の女性を演出します。

プリンセス&ベルライン

多くの人がウェディングドレスと言えば連想するのがこのシルエット。オーガンジー・サテン・レースなどいろんな素材が使われデザインもバラエティ豊か。スカートの広がり方やボリュームは身長に合わせてバランスをとって下さい。最近のトレンドは身頃を身体にフィットさせ全体的にシンプルですっきり見えるデザインです。

コンテンポラリー

ミニドレス・スリムドレスやチャイナドレスといった個性的なドレスたちです。 ドレスを出発点にして、あなたのみずみずしい感性で今までのウエディングドレスにはない新しいアバンギャルドなウエディングシーン演出をしてみませんか?

価格

一般購入

ウエディングドレスは相場ですと約15万〜高い場合1000万円以上もいたします。

レンタル

レンタルは基本的にはブランド物を貸し出しますので、8万〜15万円ぐらいはしてしまいます。

お奨めのウエディングショップ

ご紹介するお店は約、3万から10万円程度でご購入可能です。けして物が悪いわけではなく、オーソドックスな形と中間マージンを省いた企業努力による値段設定です。 またウエディングドレスは見た目や高級感よりも、体系との相性が重要ですので、何度も試着してご自分に合ったドレスを見つけましょう。

お奨めウェディングドレスリンク集 相互リンク